とりあえず総会まで続けます

 もともと副業の進展次第で進退を決めようと考えていたので、このブログは、総会まで続けて、その後どうするか思案することに。鹿島錦にしても、おりがみ陶芸にしても、ブログに時間を割くくらいなら、制作に割いた方がよほど建設的ということもありますし。

 副業開始計画は、今のところ順調に進展中。来月末には、だいたいのめどが立ちます。詳細は秘しますけれど、時代と、それから私個人の状況が許さず、一度は捨てざるをえなかった夢が、まさかこんな形で叶うとはといった感じ。そのまま続けられるようなら続けますし、あぶはち取らずになりたくないと思ったら、当然、ブログの方をやめます。

 おりがみ陶芸の方は、もともと私は一顧客、一インストラクターに過ぎないので、あまり出しゃばるのはよろしくないということで、次回のドメイン及びサーバーの更新は控えます。期限切れになるまでは、残しておく予定です。データ自体はすでにバックアップしているため、いつでも復帰できますが、多分、しばらくはしないだろうな。おりがみ陶芸には、純粋に創作の方で関わりたいです。昔はいろいろ作るのが楽しかったのですけど、今は、原点回帰というか、鶴をしこたま折って焼きたくてたまらない。ネット関係は、今後は、おりがみ陶芸センターのWEB担当の方にお任せすることにします。

 さて、笛袋の件。大先生が「織れたらAさんに仕立てばたのまんねー」と仰ってくださったのですけれど、ありがたい反面、私が作りたいのは、観賞用ではなくすこぶるつきに実用的な笛袋だったりするので、多分呆れられそうな気がします。地元のお祭りの時に笛を担当しているのですが、延々持ち歩きながら出したり入れたりを何度も繰り返さないといけないので、肩掛けにしたいし、その笛というのが、いちいち水に浸けてから吹かないといけないため、中は出来れば防水素材にしたい。二重三重にイレギュラーな仕様で、さて、無事織り上げたにしても、どうやって仕立てようかと思案している状況です。それに、先日、ブログ内で手モデデビューされたy-chiさんの旅袋を拝見していて、「これに桂枝雀師匠のDVDセットを入れたいー」と罰当たりなことを考える傍ら、笛袋に、ゴージャスな飾り結びも使いたいなと。肩掛け紐は、絹の唐打ちひもがあるので、間に大玉のビーズを入れながら、それで鎖結びをします。紐を結ぶ程度なら出来るとして、他の部分がなんとも。今、いろいろと資料をあさっているところです。

 人生万事塞翁が馬。失敗もまた肥やしなので、挑戦あるのみ。