怪我の功名

 面倒になって糸掛けを外し、数段平織を入れてから、まっすぐな流水を織り始めました。久しぶりの3-3の綾で、織り始めからきゅっと端が絞られて縮んで「ひー」となりましたが、織り進める前に同じ段で押さえて戻してを繰り返して、以前からうすうす感づいていた独特の癖を確認。

 私の場合、糸を渡すときにどれだけゆとりを入れても、糸端が巻き込まれてその分縮む模様。ありえないくらいにゆったりさせても、糸を入れる側の端が巻き込まれ、間はぶかぶかになりながら端だけ縮むという謎の状況。これは……と思案し、基礎織を始めたばかりの頃に副代表をされていたMさんが教えてくださったテクニック「巻き込まれる側の糸端を2mmほど出す」で無事解決。実は教わった当時は、そもそも糸のゆとりがまるで足りなくて、この方法でも縮みを抑えることは出来なかったんですよね。それでやらなくなった。

 織り終わりに近づいて縮みづらいということもありますが、特に糸端の方を拾うのが格段に楽になり、ちょっとだけ気が楽になりました。残り2cmくらいになるまで頑張って流水を織って、平織りで整えて終わりにします。

 織ること自体は楽しいのですけど、今まで縮んでしまって拾うのが嫌で嫌でたまらなかった3-3の図案。次に経紙を立てたら、初心に戻って、基礎織の時に苦しめられて、二度と織りたくないと思っていた普通の流水を織ってみます。どれだけ上達したかわかるはずだから。早織りの練習は白金砂子の後でいいから先延ばし。

 無心に拾っていると、嫌なことを忘れられます。今きちんと拾って織りたい気分なのは、多分、それもあるのかも。