今夜せっせと糸かけ

 昨夜本金を織り終えて、白金砂子を貼りました。この場合の貼るは、引っ張り紙に貼ったという意味です。貼るときにうっかりして、下側を貼った後、上を貼るときに、まず裏側にボンドをつけるのですが、その後、元に戻さず、逆方向に反転させてしまい、結局ぐるっと回って一回転させた状態で貼り付けてしまうという凡ミスをやらかしてしまい、ひとしきり涙。引っ張り紙ごと切り取って、再度貼り付けました。要注意。

 そういえば、経紙は紙にくるんだ状態でクリップで止めて、鴨居フックにかけているんですが、白金砂子の紙を開いたら中身が何も入っていなくて焦りました。え? 何で? と慌てて探したら、鴨居の下の床の上に丸まっていて、この時も涙。長々気づかないってどうなんでしょうね、私。まあ、普段は使っていない部屋とはいえ。

 今回は苦手意識を克服するため、基礎織の時にトラウマとなって残った流水をメインにして織ると決めています。今夜出来れば糸掛けまで済ませて、糸を決める予定です。砂子は一色の方がいいよという話をA先生からうかがっているのですが、練習のために、二色使いで、ただし淡い色でまとめる予定。

 ところで、今、18日に予定が入っていることに気づいたんですが、どうしよう。予定をすらせないかどうか確認しないと。

※18日の別の予定、先方に確認して、延期してもらうことができました。良かった。