Wの悲劇

 Wなんてまったく関係ないわけですけど、語呂が良かったので、つい。

 白金砂子で織り始め――はいいのですけれど、あろうことか、平織り一段を入れたところで、また経紙を切ってしまいました。一番左から二つ目。逆の目の杼道を確保しようと、大ベラを立てた瞬間に「ぷちっ」と。これは初めてのパターン。さほど強く張っていたわけではないのに、なんでだろう。

 面倒くさい糸掛けをやり直すのは断固拒否ということで、一番左の経紙もはさみで切り取って、何食わぬ顔で織り始めたところです。大丈夫。縮むからきっとばれない。きっと誰も気づかない。

 さすが流水と書くべきか、早速縮む兆候が出てきていますので、今後どうなるかが心配ですが、織らなければ話にならないので、とりあえず織り進めます。平の目さえ死守していれば、多分大丈夫。

 縮むの怖さにゆとりを入れすぎると、裏側がこんな感じになるんですよね。桜の方ではないですよ、ちなみに。もっと経験を積まなければいけません。継続は力なり。

※写真は無料素材のものを使っています。