さてもさても

 春の展示会が開催されるのであれば、いろいろと作らないといけません。すでに作ったものも含めて、出品を予定しているのは

  • どら焼きペンダント三つ
  • 錦鶴一羽
  • 蝶の帯留め
  • 笛袋

 の四種で都合六個。このうち、小さな小さな蝶の帯留めはすでに制作済み。どら焼きペンダントも、コード以外は完成しています。コードは、一つはリサイクルショップから買った激安アクセサリーのものを外して使っていますが、二つは自作。今のところ、パール調の刺繍糸をオリムパスの糸撚り機で撚ったものを使用中。使ってみた感じでは、結構な太さの糸も撚れるようです。組みひものように薄く広いものは出来ませんが、三重撚りで丸くなりますから、袋物にも使えるはず。ただし、撚れる長さは限りがあって、廊下の長さや部屋の広さで変わります。

 使い心地は、「無駄に楽しい」。まあ、応用範囲は広そうですけれど、それなりのお値段がいたしました。


 なお、撚っただけの糸では錦のインパクトに勝てそうにないため、ビーズを通した糸でねじり結びをしたりタッチングしたりして飾りをつける予定。この作業に二日くらいかな。鶴の準備も、一日あたりの作業時間はそうでもないですけど、都合二週間くらいかかるため、こちらは急いで始めないといけません。一回目の釉薬をかけてから、作業の途中で棚上げにしたままなので。それと、冷蔵庫に入れた金液が劣化しているかもしれない。まあ、今回は一羽だけ焼き上げればいいため、その点は、楽。

 残る問題は一つ。ただしこちらが相当の大問題。笛袋、思案に思案を重ねています。まず錦(単色織り)と裏地の塩瀬の端を裁縫上手のスティックタイプで処理してから、それぞれ両面接着芯で張り付け。この時裏地側を広めにとって、当然その部分は接着芯を着けずに、そのはみ出たところにさらに裁縫上手を塗ってぐるっと回してペタッと貼れば、胴体部分は問題なく出来そう。←獲らぬ狸の皮算用

 下側の処理も考えないといけないし、上側も、ボタンに飾り結びをした紐で止めるか、あるいはオーソドックスに笹こはぜで留めるか、そのあたりを考えないといけません。笹こはぜなら、両面接着するときに、平たい紐を一緒に接着できるはず。

 飾り結びなら手持ちの唐打ち紐を使いますが、笹こはぜにする場合は、組み紐プレートを使ってみます。

 失敗できないから慎重に。まず手持ちの古い笛袋を分解して、型紙作りから。Youtubeやピンタレストも調べないと。お祭りの時に持ち歩くわけだから、ガマ口タイプが絶対使いやすいとは思うんですけど、展示のことを考えると、無難な方がいいのかなあ。あと、錦の場合、細長いと絶対裏返すのが大変でしょうから、裏返さずに済む方法を模索します。