エール金の通知が来ておりました

 佐賀県の二次補正予算案で、医療・福祉従業者に、独自支援金6万円が支給されることになっていたのですが、ようやく具体的な申請方法が判明しました。昨日教室に参加している間に、メールが届いていました。前回の慰労金は法単位で申請し、法人が受領、その後個人に振り込むという形でしたが、今回は業者に委託するらしく、直接個人口座に振り込まれるらしいです。申請も事業所単位。うちの場合は、全部私が作ることになるでしょう。

 揺りかごから墓場まで手元不如意族の族長候補として考えます。糸をもっと買っておけば良かったかなあ。なお、私の場合は、慰労金も給付金も貯金せずに全部使ってしまう派。使うことで他の業種の方も援かるでしょうし、私も楽しいし。

 とりあえずウキウキしながら新しいアイロン台を調達しました。1,300円程度なり。透明な縫い糸も買わないと。

※前回の慰労金も、申請した事業所は全体の半分以下だったとか。小規模なうちの事業所の分でさえ、書類を作るのがかなり面倒(エクセル方眼で複数のセルが不規則に結合されているため、そのままでは別の書式からコピぺ出来ない)。大規模事業所で、数百人からスタッフがいるところで同じ作業をするとしたら――エクセル方眼で書式を作るのは、お願いだからやめて。エクセル方眼で作っていいのは、鹿島錦をはじめ、手芸の図案だけ。