落語部頑張りましたよ(=゚ω゚)ノ

 エイブルや佐世保かっちぇて落語会に三三師匠がいらっしゃるのは、果たしていつになるのでしょうね。そんなことを考えながら、今日は祐徳博物館の展示準備に行ってまいりました。三三師匠推しで鹿島錦保存会落語部部長のMさんと一緒に頑張りました――なんて書いてしまうと、落語部だけですべて担ったような文脈になってしまいますが、もちろん用事がある人を除き、会員総出でえんやこらさと、気を張って準備してまいりましたよ。

 展示準備が終了した後、一人で写真を撮ったのは、こちらに来ることが出来ない遠方の友人に見せるため。無許可でがっつり全員分撮影させてもらいました。申し訳ない。後日、つつじを見物がてら、より高画質の写真を撮影しなければ。断っておきますが、「鹿島錦の分だけ」ということで、博物館から許可はいただいております。会員以外が無許可で展示品を撮影をするのは、御法度です。見つかり次第、鹿島市公認キャラクターのかし丸くんの手により、無慈悲に市中引き回しの刑に処されます(嘘)。

 かし丸くん、やることがエグい。関係ないけど、むつごろうポーチが可愛い。

 なお、今年、大先生の出品が少ないのは、おそらく、エイブルの床の間コーナーと展示期間が重なるためだと思われます。

 そういえば、4月25日に開催予定だった、佐世保かっちぇて落語会は、中止になったそうです。悲しい。早く安心して落語を聴ける日々が戻ってほしいところです。

※エイブルで公演された方に渡される(ことがある)鹿島錦の記念品、なんでも係の方が駅や祐徳博物館に出かけて、その都度購入されているとか。噺家さんに差し上げる記念品に関しては、是非我が落語部で作らせてもらいたいと思うことしきり。