織り疲れた

 しばらく書類に追われて、一日一段でお腹いっぱいという時期があったため、進みが遅いのですが、ここ数日気合を入れて織りまくっています。ただ、糸の通し間違いなどが多くて、その都度解いてやりなおしたりもして。まさに鹿島水前寺清子錦です。織りが遅いのも道理。でも、解くのもだいぶ上達しました。ヘラの上に糸を乗せてすーーーっと。織るのも上達している(はず)なのですけど、まだマイナスからようやくゼロに近づいている状態で、いつ頃プラスに転じられるのか不明。まあ、織り続けていれば、多分、何とかなるでしょう。

 白漆ベースの経紙なので、あえて色で遊んでいます。落ち着きのない配色だと自分でも思います。多分何を作っても落ち着きのない雰囲気に仕上がるかと。