ギャラリートークに行ってきました

 広報紙エイブルの木で情報を得た後、個人で申し込んだら、見事に勇み足。保存会会員は春の作品展の後に再度申し込みをと言われ、よよと泣き崩れたりと、一波乱ありましたが、無事に初ギャラリートークを体験することが出来ました。井手さんの時は忘れていました。金子センセの時は後で知りました。通例、床の間コーナーと連動しているため、普段であればエイブル事務局のあるフロアでの開催となるのですけれど、新型コロナ感染対策として、今回はホールで実施。

 内容は、鹿島錦・佐賀錦の研究に取り組まれている、佐賀大学の石井美恵准教授による簡単な講演と、大先生を取材した動画の上映。こちらは編集途中とのことで、ダイジェスト版の模様。一日かけて取材されたそうですが、さぞ 大先生から振り回され 濃密な時間を過ごされたことと存じます。

 保存会の会員はだいたいまとまって座っておりまして、開場直後から席に着いて、例によって例のごとく世間話に興じた次第。そのさなか、あれはエイブルの方かな、「上映後にマイクをお渡しいたしますので樋口先生から一言」という会話が聴こえてきて、脊髄反射で

ナヌ( ゚Д゚)

と走る緊張。今までの経験から、絶対一言では済まないという予想はやはり的中。でも「いや先生、そろそろマイク離して」と願う心で、石井センセを含め、来場者が一丸となれた気もするので、終わりよければということにしておきます。

 会場には紗綾の会の井手代表もいらしたとのことですが、うちの先生はやはり100歳越、いろいろ勘違い等もあると思いますので、ご容赦くださいますように……。

 終演後は、3F生活工房に移動して、実演と体験会。体験会の方は、本来はエイブル祭りの企画でしたが、鹿島市でも新型コロナの感染が確認された流れで、中止・延期・分散開催と、散々なことになっておりました。今回無事に実施できて一安心。3名の方が平織りや流水(の一部)を体験されました。さて、新規会員獲得につながるか。

 実演は、イレギュラーなイベントに駆り出される「フリー」の当番の方が担当。ちなみに私は今年は博物館の当番だったため、作品展の方の実演でノルマ達成。あ、でも12月の物産市がまだあるか。取材の方、学生さん等、若干不安になるくらいの人出でしたので、こまめに手指消毒した次第。そういえば石井センセ、木目込みのアマビエ(そこはかとなくたまごっち風の小さい物)を身に着けていらしたのが印象的でした。

 見学と体験が一段落した後、帰る前に大先生としたたか話をしましたが、「鹿島錦を始めてから、今日が一番うれしかった」とのこと。やはり、自分のやってきたことが認められたという想いで、胸がいっぱいになられたのでしょうね。

 会場には一年以上お会いできていなかったK川さんもいらしていて、「そろそろ教室に復帰します」とのことで、講演含め、いろいろと収穫の多い日となりました。

※パワポの資料では、「並木田仲」と表示されていたのですけど、その表記もあるのかな? 私は「多仲」の字しか見たことなかったので、ちょっと驚き。

※佐賀錦の名称の由来に関しては、どうも袋物屋さんの提案という説の方が正当性が濃厚のようですね。旧説に絡んで「要らんことして」と内心苛立ちをぶつけていた大隈重信公に、すまんかったと平謝りしないといけないかも。