セルの塗り方を模索

 図案を描くときにいちいちクリック地獄に陥ってなんていられない――ということで、効率的に描く方法を模索。単純にセルを塗るということに着眼すれば、カーソルキーとショートカットの方が簡単そう。

 エクセルでセルの背景色を指定するショートカットはCtrlとYの同時押し――らしいですが、試してみたら今入力しているPCでは機能せず。無念。

 幸い一回セルを塗る操作をした後、他の操作をせずにF4を押せば、セルの背景色を塗り続けることができるので、今後はそれでいきます。カーソルキー(←→↑↓)でセルを移動しながらF4連打で連続着色できました。ちなみにエクセルにおけるF4キーのメイン機能は、「直前の作業を繰り返す」です。ワードとエクセルを使わない日はないのに、すっかり忘れておりました。覚えたのいつ頃だっけ。セルの参照の切り替えにしか使っておりませんでした。

 PCのメーカーによっては、F1~F12キーを単体で押した時にホットキーとして機能するように初期設定してあったりするので、その機能を解除する必要がありますが、私はすでに解除済みなので問題なし。なお、私が使っている機種では、BIOS画面から設定する必要がありました。

 カーソルキーも、→↓を同時押しすれば右斜め下にセルが移動しますので、作業がぐんと楽になりました。これで最初のクリック以外は、キーボード操作だけで図案が描けるよう、描ける描けるよう。

 後はオートフィルとか、置換機能とか、選択して移動とか、コピーして貼り付けの時に行と列を入れ替えるとか、並べ替えとか、そのあたりの機能でより効率的に。そもそもPC何年使ってんだって話ですが。私が使い始めたころに生まれた赤ちゃんは、とっくに成人式を済ませてしまいましたよ。まあ、PC歴は棚上げにしてしまいますと、図案を描き始めてからの年齢はまだしゃんしゃいになったばかりでちゅのでゆるちてくだちゃいおおめにみてくだちゃい。

※ゆぅ君動画毎日観ちゃうよ。私ももうすぐ48になるので、世の中のいろいろなことにイヤイヤ言いたい。3-3はイヤイヤ。速織りイイタイ。


 上記動画をガーリィレコードチャンネルが完コピ。パンプアップとハンプティ・ダンプティ、何で解散したんだろう。