同系色で間違えると大変

 20段目まで織ったところで、そこはかとなく覚えた違和感。なんぞ? と訝しみつつ、一目一目確認していったところで、17段目を拾い間違えているのを発見。ああ面倒と独り言ちながら、間違えたところまで解いて修正したのですが、解いた部分に細いヘラを差して、すでに拾った目を確保したせいで、修正する段を平の目から拾えず、地道に拾っていく羽目に。

 経紙と(ほぼ)同色の糸で織ると、レリーフみたいになって楽しいですが、修正作業がここまで大変だとは……。

 懲りたので間違えないように慎重に拾っていきます。