ようこそ舌の根も乾かぬ部へ

 ごく一部の人にしか通じない冗談はさておき、遠方の友人との連絡手段の一つとして確保し、鍵アカで潜伏しているtwitter。時々検索する限りでは、見覚えのあるアマビエ様がタティングレースの上に飾ってあったり、更新されていないアカウントが見つかったり、鹿島錦関係の方もちらほら見えるようですが、最近興味深々なのはこちら。

 風呂敷むっちゃ欲しいんですけど。

 ハンカチもあるよ。