はしごでごー

 私がまだ授業という授業をサボりまくっていた極めつけに不真面目な高校生――アンニュイなだけで不良じゃないよ(‘Д’)――だった湾岸戦争当時、嘆きながらの「おいが名前はフセインと同じばい」発言が記憶に色濃く残る、美術部顧問でいらした杉光センセの作品展示が、エイブルの床の間コーナーで開催されています。祐徳博物館の方でも、郷土作家展として、クローズアップ象さんでお馴染み下村センセや、鍋島更紗で人間国宝に指定されておられる鈴田センセ、それから金子センセなどの作品が目白押しだとか。

 エイブルと祐徳博物館をはしごするのが理想ですね。実は日曜日に一度出かけたんですけど、何かのイベントと重なっていたのかな、駐車場が満杯で、天気も不穏でしたので、結局エイブル内に入らずに買い物を済ませて帰宅した次第でした。

エイブル床の間コーナー 杉光定作品展 7/3~9/28

祐徳博物館 第37回郷土作家展 6/25~8/5

※授業をサボって何をしていたかって? 当時は四六時中本ばかり読んでおりました。それこそむさぼるように。今とは比較にならない読書量。罰が当たったのか、同級生が授業をきちんと受けている時間に、旭ヶ岡公園でカラスから開襟シャツに糞をかけられたりしていたよ(´;ω;`)

※カニササレアヤコさんの動画にプチはまり中。