加賀指ぬきも流用できるかも

 加賀指ぬきの土台の作り方を紹介したサイトを読んで、糸をかがるのではなく、錦を貼れば、そのまま指輪に出来るかもしれないと夢想してみたり。

 大きく作ったら柔らかいバングルとか出来そう。

 今思いつきましたが、コルク粘土を使って土台を作り、表と裏それぞれに木目込んでバングルを作ってみるのはいかがでしょう。指輪だと加賀指ぬき方式の方が綺麗にできそうですが、バングルだと大きいから、木目込んだ方が綺麗かも。すっかり夏休みの宿題みたいなことになっております。

 たたらで均一に伸ばして、缶詰の缶に巻き付けて成型してやってみたい。木目込みの練習もかねて。今日昼休みにクリアペンケースを受け取りに行くので、ついでに木粉粘土を買って試してみます。考えただけで楽しい。

3Dプリンタで木目込み用の土台を作っている方が(‘Д’) 西陣織で作っていらっしゃいますけど、絶対鹿島錦でも作れます。買うかどうかずっと思案している3Dプリンタ。やっぱりあったら便利そう。でもCADを扱う自信が皆無。