懐かしい

 レセプトの準備の途中、十数年前のご利用者様のご家族から電話を頂戴し、最後のご利用月について調べたのですけど、平成21年初頭までご利用されておいででした。三十人ほどの当時のご利用者で現在もご存命なのは、特養に移られた3名様だけ。介護保険被保険者証のデータをソフトに入力する時、生年月日などの情報も入れていくのですが、通所系サービスの場合は、すでにもう昭和の方ばかりです。

 一昨年でしたか、紛金で織った生地を寄付して、デイのご利用者様に鹿島錦のブローチを作っていただいて、町の文化祭に出品したことがあります。今年も職場に文化祭の出品以来の通知が届きました。今年は生地がないため鹿島錦で何か作っていただくわけにはいかないのですが、速織りの練習がてら、予備の台で古い経紙と古い糸を使って何か織って、来年以降出品できればと思います。

※「レクで使います」と言い張れば職場でも織れそうですが、そんな勇気はない。