サイン入りだった

 その話題はこの間書いただろうという突込みは却下。今回は別件。

 先日、スキャンしてから読もうと考えて、露の団六師匠の「あほやけど、ノリオ――ダウン症の兄貴を持って」という御本を古書で購入したんですが、なんとサイン入りでした。先日の古今亭菊千代師匠のもサイン入りだったんですよね。思い返せばマルセ太郎先生の御本もサイン入りだったなあ。

 サイン入りの本をスキャンするときは、サインの部分は大事に保管しておくことにしています。さすがに処分する気はなし。

 どうでもいいですが、出版元は、職場に法令本がどでんと置いてあり、見慣れていた中央法規でした。

※本の感想は後日。実地指導までは、それどころではないので。