踏み台昇降できず

 昨日は風呂の栓が詰まって、風呂掃除も出来ず、踏み台昇降も休まざるを得ませんでした。私の部屋は暖房が貧弱なので、終わってすぐお風呂にはいれるようにしないと風邪をひいてしまうのです。今日午前中無事貫通(っていうのか)したので、今夜はやります。やりますとも。

 うちの辺りは軒並み合併浄化槽になっていて、下手に強いパイプクリーナーとかは一切流せないので困ります。バクテリアが死んでしまう。まあ、詰まっていたとはいえ、多少は排水していたようで、今朝確認してみたら風呂の湯は完全に抜けており、嬉々として掃除機のヘッドを外して、先にタオルをゴムで止めてから電源を入れ、無理やり詰まりを吸い出しました。うちの排水の場合は詰まりを押し出せない作りなので、吸い出すしかなかった。吸い出したものを見なければ良かったと絶賛後悔中。

 昨晩は、踏み台の代わりに、しばらく外を歩いた後で、職場からもらってきた古いPCに、スヌードを編むかたわら、これまた古いUbuntu Studioをインストール。古すぎて果たしていつのバージョンなのかも不明ですが、どれもネットにはつながずに使う予定なので、問題なし。

 時間に余裕が出来るようになったら、複数の台で織りたいのですが、図案を表示させるPCをいちいち移動するのも面倒ということで、職場からもらってきたモニタ一体型のデスクトップ三台にクリーンインストール。私が日常的に使う各部屋に置きます。同様に職場から持ち帰ってきた他の三台は、警告が出るほどバッテリが劣化していたり、付属のリモコンでないと電源を入れられなかったりするので、ハードディスク取り出してから、メーカーのPCリサイクルで処分します。一つは後でSSDに交換したんだったかな。昨年購入して、一月も経たずにうんともすんとも言わなくなったHPの中古PCも、交換したSSDだけ取り出して処分したいのですけど、これはPCリサイクルの対象外なので、無料を謳う回収業者に任せます。本当に無料なのかわからないから、とりあえず一台だけということで。

 いずれも、予算がないときに購入した、スぺックには多大な問題があるPCでしたが、古いUbuntuを入れる分には問題なし。多分新しいバージョンだったら動かなかったかも。三台のうち二台はHDDも1TBあるので、バックアップ要因も兼ねています。基本的には図案の表示用。手持ちのCDからリッピングした落語の音声とか、DVDデータを入れたりもしたいなあ。デフォルトでフリーの各種メディア編集ソフトなどが入っているので、画像処理とかも出来ますよ。難しいことはできないし、そもそもリサイズくらいしかしませんけど。

※今日は休みなので、かぼちゃとサツマイモをポタージュにして、ララベルから買ってきた下ごしらえ済のエビフライを揚げます。昨夜は錦も織る気が出なかったけど、代わりに今夜織って、明日は広域に書類を届けに参ります。

※築四十三年の家、いい加減いろいろとガタが来ております。