やっぱり網代が好き

 それも平織りの。いっそのことアジラーになろうかなと夢想する毎日。

 今の模様、まだ7cmも織っておりませんが、例によって例のごとく、左側は縮まず、右側だけが徐々に縮んできて、かつ、織りが斜めになっています。この間までは、母方の祖母からの遺伝で、子どもの頃から歪んでいるといわれる骨格由来かなと考えていたけど、別の理由もありそう。来年13日はどのみち行けないので、次に台を教室に持っていけるのは二月か三月。実験するなら今しかない。

 ここまでは来年のストラップ用と割り切って、今巻いている糸が尽きた時点で、いったん平織りで水平に整えて、若干台を斜めにして網代を織ってみます。それで水平に織れなかったら、おそらく別の理由。五年目にして暗中模索。この状況で早織りをしても、十中八九収集が付かないよね。

 網代で確認した後は、この間いただいた図案集から何か織ります。多分矢羽根あたり。笛袋が遠のくけれど、仕方がない。

※左側が縮まず右側だけ縮むというのが、まず会の中に私しかいないので、対処法を自分で模索するしかなさそう。筋力は利き手である右の方が強いはずなのに、くわえて、なんで左側が下がるかな? 二つの事象に相関性があるのかないのか不明なので、まず消去法で確認します。骨格に問題がない人がうらやましい。

※おりがみ陶芸センターのTJ先生から電話がありました。来年から事業の再始動されるとか。何やら楽しそう。私にお手伝いできることがあればいいんだけど。試作品を送ってもらえるということで、わくわくしております。

※かねてから挑戦していた副業、今年はおよそ65,000円の収入となりました。二万に届かなかった昨年に比べてだいぶ増えましたが、例年通り、年末調整で済みますね。来年こそは、せめて確定申告が必要な程度には稼ぎたい。そうして、絹糸を集めまくりたい。鹿島錦とはまったく関係がないので詳細は省きますけれど、実は今年もこっそり県の代表に選ばれていたりします。