補修しましょうそうしましょう

 静電気&マイクロプラスティック対策として、冬場は純毛のセーターを愛用しています。毛玉に関しては時々鋏で除去すればいいわけですが、糸ほつれや穴あきはどうしようもないため、これまでは穴が開いた時点で処分していました。ですが、昨年(一昨年かも)ダーニングという技法を知ってからは、補修しながら着る楽しさを知りました。技法はいくつかあるようですけど、基本は平織りらしいです。

 セーター以外にも、穴が開いてかかとや指先がこんにちはしがちな靴下をはじめ、様々な衣類に使えます。

 並太でぶくぶくとやるより、中細糸で緻密にやる方が好きかな。糸の太さから受ける仕上がりの印象は、錦と同じような感じ。

 補修しないといけないセーターが都合三着あり、ナイロン混合の手持ちの中細糸を使いたくないため、クレカの関係で勝手に溜まっていくTポイントで、補修専用にする断染め純毛糸を二色注文しました。ハマナカの糸です。

 動画はハマナカではなく、アイデア手芸グッズをいろいろ販売されているクロバー。

 ダーニングマッシュルーム、初めてのダーニングの時に購入しましたが、手作りできるんですね。