簡単に結べました

 そんな報告が出来たらどれだけ素晴らしいかと、ブチ切れそうになりながら更新しております。

 アジアン結美ですよ、アジアン結美。確かに、手順を覚えるのは簡単なのですが、問題はその後。多分慣れもあるのでしょうけど、土台から外した後で、どうしても形が崩れてしまう。整えながら結べば何の苦労もないものを――と、イライラしてしまいました。試しに正絹の唐打ち紐でも結んでみましたけど、こちらもぐちゃぐちゃに。途中、紐の接点を接着しながらならうまくいくのかなと思って試したものの、やはり玉砕。どうせいと。

 多分、練習が必要なんでしょうね。

 み ょ う が 結 び 自 体 の 。

 これはあれだ。編み機を自由自在に使うためには、手編みである程度編めるようにならないといけないというのと同じ理屈だ。現状お見せすることはできないレベル。まだまだ練習が必要ですね。

 一方菊結びはこんな感じ。初結びでしたが、割といい感じ。左右のバランスが悪かったりするのはご愛敬。こちらも練習次第かな。長い紐でも結べますが、太さが限られるため、錦用に使うとしても、用途が限定されそうです。こちらも最終的には自分で結べるようにならないと。

 今年の目標は、織りを上達させるというのはもちろんですが、作品制作に活かせるように、「マクラメやアジアンノットのバリエーションを増やす」にします。