道具作りの準備

 糸を通し間違えた時の修正のために、細くて長いヘラが欲しかったので、不注意でカビさせた後使わずじまいだった越前屋の押さえベラ(小)を無理やり二本に割りました。まだ削ってまではいませんが、かゆいところに手が届くようなヘラになってくれることを願います。穴が空いている菜箸も、新しく削って、糸通しに。それから、先ほど50cmの竹の尺を注文しましたので、こちらも削って、幅をこまめに測りながら押さえることが出来る押さえベラを作ります。目測で縮んでいないように見えても、実際には縮んでいることがままあるので。

 竹は荒れた果樹園にたくさんあるんですけど、何年も寝かせないといけないのが面倒。今年の冬こそ切れるかな。

※斜めになった部分を取り戻すとき、目立たないように押さえたつもりでしたが、今確認したらえらい目立っております。印鑑入れは綺麗なところだけでも十分作れるはずなので、いったん撤退。平織りを入れて、別の模様を織ります。

※平織りを入れていて気付きました。細いヘラで押さえる時に、若干しなりが生まれるようで、そのせいで中央部分が綺麗に押さえられず、緩い放物線のようになる模様。まだ力を入れすぎているみたいなので、次の模様からこれまで以上に気をつけます。織り方が安定しないせいで、毎回改善点が出てくる……。