ちより完食

 ちのっぷすさんにいただいたちより、しばし仏壇に供えた後、早速試食。そうして、完食。父は帰宅が遅れたため食べそこないました。正確に書けば、「帰ってくる前に私と母ですべて食べてしまいました」。食べ出したら止まらなかったもんでよう。

 小さい細工物みたいなのに、よりよりなんですよ、ちより。よりよりのことをご存じない方にはさっぱり伝わらないと思いますけど、本当に小さくて可愛いよりより。

 よりよりって、香ばしさだけでなく、歯ごたえを楽しむためのお菓子だと思うのですが、そういう意味では一口香の対極に位置するのかもしれない。

 美味しかったです。深謝。ちのっぷすさんのブログへのリンクをサイドバーに貼っておきますので、軽やかな五行歌の世界をお楽しみください。ちなみに鹿島錦の作品展の常連さんです(=゚ω゚)ノ

※今日は幸い午後から仕事が休めたので、祐徳稲荷で恒例の集団お祓いもしてもらいました。明日一日仕事をして、週末は種まきの予定――と、土曜日は定期受診が入っていたんだった。