異音が……

 これがAEONなら「晩御飯の材料の買い物をしなきゃ」となりますが、ぷつりという異音だともう、それだけで悲劇のズンドコ。

 まーた切っちゃいましたよ。基礎織の時に何回も切ったおかげですでに慣れましたが、いちいち作業が止まるのがなんとも。

 あ、いずれ本ブログに移行するといっても、決してすぐではないですので。もともと何年もパスワードをかけて放置したままだし、二十年分の投稿記事(全部で15,000くらい)を整理するのに、下手したら還暦までかかるかも。

やってもーた

 全然気づかないまま16段飛ばして織っております。解きたくないのでこのまま進めます。これはこれで図案として面白いかもしれない。偶然の産物として別に図案を作ってみました。ここのところで折り曲げるようにすればきっと無問題。

 

上側の端が出てきた

 不肖ワタクシの鹿島のんびり錦、経紙の上側の端、切込みが入っていない和紙の部分が、織り台の背板の上端の位置まで来ました。果たしてその部分を「背板」と呼ぶのかは不明ですが、他に書きようがないのでこれで通します。端が視野に入ると、進み具合が一目瞭然になるので楽しいのですけど、今度は進むにつれてヘラがだんだん入れづらくなるため、モチベーションの維持という意味では、トントンかな。最後10cmくらいって辛いですよね。

 それにしても皆織るのが早い。私が一枚織る間に二枚も三枚も。多分織るのが早くなる魔法の薬草とか栽培されているんだろうなと、勝手な想像をしたりしなかったり。

 折り紙にするために平織りも入れることだし、後30cm強、1月の教室までには織り終わりたいなー。

ここも期限切れまでにしようかな

 一応一年間の期限で、ドメインとレンタルサーバーの契約をしているため、もし来月下旬から放置するにしても、その期限切れまではそのままにしておく予定でいます。

 それにしても、短い経紙も含めて、また基礎織を除き、織るのは7枚目になるのに、ちょっとしか上達していない。明らかに遅いなあ。下手だなあ。しばしば逃げているからだろうか。

 今日も今日とて同じ図案で織りながら、そんなことを考えてみたり。向いていないのかもしれないけど、辞める気はさらさらなし。これを本職にする気はないから、自分のペースで織ります。

 昼間、Nさんたちも、「一色で織ったら両脇が甘くなるもんねー」とおっしゃっていたので、自分だけではないんだと安心しました。ただ、私の場合は、他人よりはなはだしいだけ。今回は、5cmごとに、ピンセットで引っ張り出して折り曲げてボンドでくっつけているので、両脇でろんでろん問題は解決したことにします。本当は、そうならないように綺麗に織るのがいいんでしょうけどね。

 今の図案が終わったら、しばらく来年のストラップ分に細かい模様を10cmくらい織ります。残りは、折り紙にして遊びたいので、平織りに。折り紙にする場合、裏の金箔の貼り方を考えないといけません。この間は両面テープでやったらうっすら筋が浮いてしまった。


最後のあぐり

 先月は織る時間がなかなか取れず、進捗もさほどではなし。しかも経紙を切ったりして、余計に遅れてしまっています。

 最後のあぐりには、糸を余分に巻いているため、やや厚みがあり、まだまだ時間がかかりそう。目標は今月末。

 そういえば、ずいぶん前からy-chiさんのブログ記事にイイネしようと挑戦しているんですが、gooの登録ページから一向に進めず。延々ループさせられます。ブラウザの問題なんだろうか。