落語も聴きに行けない

 久しぶりに、昔誂えた着物を着たいと思いながらも、コロナのせいでどこにも行くことが出来ず、悶々といたしております。後、花粉。佐世保のかっちぇて落語会も、4月には開催予定だというのに、やはり行けません。昔ならこっそり行っただろうな。でも今は相応の責任があるため、勝手な行動は赦されず。

 今織っている流水は、若干不安定ですが、まあ、確実に以前よりは問題なく織れています。あくまでも相対的にですよ。ただ、今回改めて認識したんですけど、別に流水を織りたくてたまらないわけではないからか、織っていて全然楽しくない。まだ2.5cmくらいなので、一回全部解いて、今まで織った部分を全部平織りにして、一色で織りなおそうかなとも思ってみたり。配色も決定的に間違ったようで、あぐりに巻き取った別の色と見比べていると、違和感が爆発しかねない。このまま義務感だけをひきずって収拾がつかなくなって途方に暮れるより、いっそここは思い切った選択をした方がいいかもしれません。多分、今の色の分だけなら、ペンダントヘッドとしてなら、問題なく使えそう。

 それと、砂子の場合は、枡のように、糸下五目のある図案か、あるいは平織りの入った網代のような図案の方が、綺麗に柄が出そうですね。それに、あまりに織りなおして紙が傷んで、ぷちぷち切れまくって途中で放棄した黒の砂子で織っていた時に、A先生がおっしゃった、「砂子は一色の方がすっきりするよ」と言われたことの意味を、今更ながらかみしめております。たとえ入れているのが二色でも、色がせめぎあって、地にちりばめられた金(多分本金ではない)が、存在感を喪失してしまっています。

 決めた。後数段織ったら、経紙を整えるために平織りを入れて、淡い着色糸一色で、基礎織の時に織った二種の枡を織ります。流水は、しばらくは、織り終わりのところでちょこちょこ一色で織る程度でいいです。

またかい

 今度は右端の糸が切れました。ええと、今回は、間違って通した糸を戻すときに、絡めてしまって、そのせいでぷちっと。

 糸掛けには関係ないため、そのまま進めます。もともとぎりぎりに張っているので、修復もしません。

 今夜は、久しぶりに作ったカレーを食べて、心を癒しますよ。

Wの悲劇

 Wなんてまったく関係ないわけですけど、語呂が良かったので、つい。

 白金砂子で織り始め――はいいのですけれど、あろうことか、平織り一段を入れたところで、また経紙を切ってしまいました。一番左から二つ目。逆の目の杼道を確保しようと、大ベラを立てた瞬間に「ぷちっ」と。これは初めてのパターン。さほど強く張っていたわけではないのに、なんでだろう。

 面倒くさい糸掛けをやり直すのは断固拒否ということで、一番左の経紙もはさみで切り取って、何食わぬ顔で織り始めたところです。大丈夫。縮むからきっとばれない。きっと誰も気づかない。

 さすが流水と書くべきか、早速縮む兆候が出てきていますので、今後どうなるかが心配ですが、織らなければ話にならないので、とりあえず織り進めます。平の目さえ死守していれば、多分大丈夫。

 縮むの怖さにゆとりを入れすぎると、裏側がこんな感じになるんですよね。桜の方ではないですよ、ちなみに。もっと経験を積まなければいけません。継続は力なり。

※写真は無料素材のものを使っています。

糸掛け終了

 知らぬ間に日付が……。

 小回りが利く小さい台に張れるのは幅28cmまで。手を置く場所がないくらいのギリギリまで、白金砂子を張ってしまいました。ちょうど半分に折ったサイズです。手は別に載せるものを準備して対応します。

 ちょっと、この経紙に関しては、作り手売り手双方に、一言も二言も書きたいことがありますが、営業妨害になりかねないので自粛。今後も通販を利用することがあるだろうし、ぐっとこらえる早春の夜。いつかどこかで誰かに愚痴ろう。

 しばらく、一段2色、都合6色で流水を織ります。鹿島遊び心錦として、ランダムに色を入れたいので、暖色系、寒色系、それぞれ3色ずつ選んだ色を、適当にあぐりに巻き取っています。どうなるか楽しみ。ベースは白漆なので、発色は、染めの色がそのまま素直な感じに出そうです。ちなみに、うち一色は、暑中見舞いのお返しに大先生から頂いた、綺麗なライムグリーンの糸にしました。

 織りたい気持ちをぐっとこらえて、糸掛けのボンドが乾くのを待っているところ。明日から早速織ります。なお、糸掛けの糸の色が途中で変わっているのは、長さが足りなかったから。水色のミシン糸が無くなり、紺色を使っています。ペンで印をつけてもまったく見えないのに、なんで私は紺を買うというへまをしでかしたんだろう。次回はもっと薄い色のミシン糸を買ってきます。

 砂子と言っても、本金箔の砂子ではないので、見た目がちょっと地味かな。以前動画で観ましたが、本金箔の砂子の箔紙は、黒漆を塗った上にふんわりと雪のように金箔を散らして作るようなので、錦の経紙にするのは無理かもしれません。以前、大先生が、赤漆の砂子に赤一色で流水を織られていましたね。佐賀錦の方から頂いた経紙とのことでした。あれは笛袋になったのかな?

 現時点で何を作るかは未定ですが、一部は鶴の翼に貼ります。

わくわく

 白金砂子がもうすぐ届きます。明日振り込みに行ってまいります。

 純白というのは、漆に顔料を混ぜる関係上ありえないのはわかっているのですが、どんな感じだろうと、届くのが楽しみで仕方ないです。