正しい手順かどうかわからぬままに

※考え方を変えて、切れた経紙をマステでヘラに固定して、カットした余り経紙をその上に貼った方がはやいかも……。次からそうしてみます。ちなみに今回、糸端まで合わせると五回くらい切っています。

 私なりの修復方法につき、手順がおかしくてもご容赦を。一回先生に確認した方がいいかもしれない。

 まず使っていない大ベラに接着剤が付かないようにマステで保護。ぐるっと一周させるようにして貼らないと、マステの端の部分の糊で経紙の箔が剥がれる可能性あり。特に銀など。

 以前織った分の切れ端をカット。もちろん同じ割数で。余裕のある長さにすべし。

 そのままだと動いて作業がしづらいため、マステでさらに貼り付ける。

 ヘラを動かして位置を調整しながら、竹串の先でボンドをちょこちょこと。

 ピンセットなどて慎重に貼り付ける。画像はちょっと失敗したので撮影後に修正した。手早くやること。

 ある程度乾いたところで、接合部分を押さえながら、固定のために貼ったマステをはがす。

 このままだと長すぎるため、適当な長さにカット。切るときも接合部分を押さえて。

 さらにボンドを塗り塗り。

 出来るだけ切れる前と同じ長さになるように、引っ張りながら貼り、ずれないようにしばらく指で押さえて、動かなくなったら、放置して乾燥。

 器用な人がやったら、多分、綺麗に仕上がると思う。今回、織り終わりまで10cmほどと、切れた位置も悪かったため、いじりすぎて汚くなってしまった。

異音が……

 これがAEONなら「晩御飯の材料の買い物をしなきゃ」となりますが、ぷつりという異音だともう、それだけで悲劇のズンドコ。

 まーた切っちゃいましたよ。基礎織の時に何回も切ったおかげですでに慣れましたが、いちいち作業が止まるのがなんとも。

 あ、いずれ本ブログに移行するといっても、決してすぐではないですので。もともと何年もパスワードをかけて放置したままだし、二十年分の投稿記事(全部で15,000くらい)を整理するのに、下手したら還暦までかかるかも。