よくせき考えたら

 ベースが菱形なので、素直に並べれば普通に整然とするのでした。前の図案を描いたとき、私はいったい何を意図したんでしょうね。

 薔薇っぽく見せたいので、3-1のちっちゃい菱青海を、葉っぱ風に入れてみる。

 今アグリに巻いている着色糸は、色が違うため、この図案のような配色にはなりませんが、将来こんな感じで織ってみたい。でも、経紙が乱れないようにならないと、3-1の色替えは難しいかも。多分今の私には無理な気がする。バランスのことを考えるなら、より薔薇らしく見せるためには、菱青海と薔薇の部分の大きさを同じにした方がいいのかもしれません。面倒なので今日はやらない。

 とりあえず、2番目の図案を一色で織ってみることにします。薔薇の図案はFさんがすでに描かれていますので、ちょっと真似しんぼ。

※明日から薄いグラデーションに着色したきなりで織ります。なお、ピンクとグリーンの組み合わせ、色味としては合わないと思うのですが、桜餅や葉桜、三色団子などで見慣れた色なので、そこまで違和感は覚えないかも。淡い色同士だとまた印象も違いますしね。大きい菱青海バージョンは、またいつか。