こっちの方がいいかも

 スマホリング用の器具ですが、こっちの方がいいかも。内径22mmのミールに20mmの銅板だと、二色三色でも簡単に嵌められそう。


※二セット買うつもりが、操作ミスで一セットの購入になってしまった(´;ω;`)

昨日

 何年振りかもわからないくらい久しぶりに、ひき肉をこねてハンバーグを作りました。まあ、日本食研の「ハンバーグ作り」を買ってきて、ひき肉と混ぜただけですけどね。肉の脂で手がギトギトになるのがたまらなく不快で、餃子もハンバーグも長いこと作っていませんでしたが、自宅に常備している使い捨て手袋を使わずにいるのがもったいなく、はめた手袋を念入りに洗ってから、コネコネして幸せになれた次第。

 竹崎カニを食べる時も、使い捨て手袋をすれば、手に残る匂いに悩まされることも、直後に錦を織ることも出来るかもしれない――なんて考えてみたり。

 自分でこねるのは久しぶりだったとはいえ、普段はララベルやエレナで、焼くだけの状態で精肉コーナーに売られている手ごねハンバーグを買っているので、焼くのはお手の物。最近お気に入りの方法は、同じ厚みにカットした野菜をフライパンに並べ、その上にハンバーグを置き、肉に触れない程度に水を入れ、蓋をして蒸し焼きにする方法。肉は焦げないし、余分な脂も切れるし、何より付け合わせも一度に火が通せて、楽なことこの上なし。

 あ、最近竹崎カニをよく頂くのは、やはり豊漁だからのようです。一昨日も幼馴染の家からもろたよ。

鹿島バスセンターもなくなるのですね

 高校生の頃、基本的には電車通学でしたが、あいにく本数が少ないもので、電車に乗り遅れた時に、よく祐徳バスを利用していました。いろいろ思い出がある場所なので、解体するのは寂しい限り。

 まあ、駅も含めて大々的に改修されるということで、鹿島錦の売れ行きにも良い影響があればよいなと考えてみたり。

 どうでもいいですけど、肥前鹿島駅、グリーン車に乗る人間を一番歩かせる仕様、何とかした方がよくないですか。エレベーターからも遠いので、車いすの方やひざの悪い方もちょっと使いづらいだろうし、ささやかな贅沢として、特急に乗って遠出するときはグリーン一択の私も、そろそろ堪忍袋の緒が切れる寸前。

※もうすぐ誕生日ということで、何の気なしにwikipediaで検索。坂田利夫師匠やヨーヨー・マと同じ誕生日なの、妙に嬉しい。古今亭菊之丞師匠や桂宮治師匠、三遊亭遊馬師匠、立川こはるさんも同じですよ。ところで、こはるさん、もう真打になったの?

気付くの遅すぎ部

 芽出し失敗課とかあったら即課長になれるくらいに、アジサイの差し芽が下手な私。三本生き残っていたお子らのうち、二本が今日ダメになりました。引っこ抜いて気付いたんですが、発根していなくても、そこそこ葉っぱって大きくなるのですね。私はてっきり、新芽のところから葉っぱが大きくなった時点で発根しているものとばかり……。

 一喜一憂するのと、水の管理に疲れたので、次回からは鉢植えを買って植え替えて、楽して大きく育てることにします。

 それと、これまで織っていても楽しくないなと感じていた白金砂子ですが、自分の好きな色で織ったら楽しさ倍増だということに(今さら)気づいて、居直ることが出来ました。上手な人は弘法もかくやということで色を選ばないのでしょうけど、私のように技術面でストレスフルな場合は、せめて心理的には楽しくなれる好きな色で織る大作戦を展開した方がいいのかもしれない。余り糸を使いたいから――と、今まで無理していた部分もありましたが、やめます。今日限り。余った糸は機械的に織れる平織りに回すことにしよう。平織りで折り紙を作る計画がまだ実行に移せていないので、いずれそちらの方で使うことにします。

 今織っている図案は、一模様18段ですが、同じ目がいくつかあるので、14本糸を掛ければ、拾わずに済みます。14本も糸を掛ける気はさらさらないし、そもそも現実的ではない気がするので、次に立てる予定の本金では、6本くらいかけて、ナンチャッテ速織りを試してみたいかな。ただし、「出来るだけ長く織る&色替え必須」という縛りを課して。

 楽しくなってきたから14日に間に合わなくてもいいや。次は淡いピンクを入れますよ。ええ、三色団子に敬意を表し。

舌の根も乾かぬうちに部

 多分私が部長候補かも。

 まだ時間的余裕がありそうなので、とりあえず沙綾型崩し@命名私を二種織ってみます。後は行きっぱなしの流水。残りが短くなってきたら、平織りはかえって時間がかかるのでした。

 久しぶりにザ・鹿島錦を織っている気がする。