今日も医療センターに

 もうここまで頻繁に嬉野まで往復するのであれば、隠れ嬉野美人でございと主張しても、石を投げられずに済むかもしれない。石を投げられたらさらに隠れて、隠れ隠れ嬉野美人になります。それでも投げられたらさらに隠れて隠れ隠れ隠れ――

 美人さんなのに隠れすぎて気づかれずじまい説はさておき、二時くらいから、先日お願いしていた書類の受け取りと、武雄保健所への提出をする予定です。黄金色の鼻薬をかがせて武雄から直帰ということにあいなり、いつもより帰宅時間が早くなるため、その分織る時間が取れるかな。昨日は結局七段くらいで沈没しました。

 そんなことより、3DSにCWSを導入して、「いつでもがっつりゲーム出来るぞ!!」という状況を整えたとたんに読書熱が再発。何この想定外の展開。結果、先日借りたまま積読になっていた図書館の本を読み始めたなんて、どういう皮肉なのでしょう。何十年かぶりで、福永武彦とかも読みたいなあ。

 ただ読むだけではなく、足裏叩き健康法の後に、簡単なストレッチをして、それからビーズクッションにもたれた状態で、寝たままゆる体操や下半身のストレッチ、足首の運動などを行いながら読むという、実にアクロバティックかつ健康に良さそうな読書スタイルを無事確立出来ましたので、「時間がなさすぎて本が読めなくて悲しい」と嘆くことは、今後は多分ないと思います。一日十分でも読む時間が取れれば御の字。脱・忸怩ってなもんです。

 考えてみれば、鹿島錦を始めて以降、「継続は力なり」という言葉の意味をかみしめるようになり、いろいろなことが長続きするようになりました。遅れてきた不惑という言葉が頭をよぎりますが、積極的に捕殺。先日再開した踏み台昇降もそろそろ十日目。一日四十分弱、時には蔡式スワイショウも含めて、地道に続けています。徐々に時間を延ばしていく予定。

 来月下旬で鹿島錦を織り始めてから丸四年。毎日確実に織るために、足裏マッサージ機を引っ張り出して、使いながら織ってみようかな。古い物ですけど、以前通販生活で買った、ローリングしながら痛いくらいにグイグイ突起を押し込んでくる、ひときわアグレッシブな輩。織る時にじっくり足裏マッサージ機を使ったら、足裏叩き健康法を中止して、代わりに、肺活量を鍛えるための呼吸トレーニングの時間を設けてもよさそう。いつまで生きられるかわかりませんが、生きている間はやはり大先生のようにしっかり錦を織り続けたいので、今から自分に合った健康法を模索しなければ。持病の複数持ちですでに不健康などというツッコミは却下。

※ここだけの話、鹿島高校の美術部内で「近年まれにみる好青年」と噂の的だった弓道部のS君は、現在陶芸家として活躍中。お出かけ茶器セット可愛い。同級生つながりということで、素肌日和もよろしく。小学生の頃、休み時間に会社ごっこが流行った時に、常に重役をやりたがったN君は、初志貫徹で有限会社プラグインの重役さんに。お母様はやたらとお元気。