お知らせいろいろ

 しばらくこの投稿をトップに固定しておきます。

【祐徳博物館 鹿島錦保存会作品展】

 毎年「祐徳さんに言うとくよー」を合言葉に開催される、春の作品展。昨年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会期途中で終了しましたが、今年は3/31~5/5までの開催予定。昨年を除き、最後の日の午前中には、会員全員で織りの実演をするのが恒例なのですが、今年は詳細は未定です。ただ、祐徳徳物館のサイトでは「実演あり」とすでに告知されているので、もしかしたら、当番だけで行うか、あるいはワクチン接種が終わった人だけ参加という形になるのかも。多分今年の博物館の当番の中で、ワクチン接種が一番早いのは、職域上私になると思うのですが、一人で織らなければならなくなったらと考えるだけで、もう、恐怖のズンドコ。ちなみに私の場合、実演がある時期に合わせて、銀とか漆とかの、反射がない経紙を立てることにしています。

【エイブル床の間コーナー 鹿島錦展】

 この間まで下村先生の象さんが展示されていた床の間コーナー、4月から6月は鹿島錦が展示されます。スターウォーズにジェダイ・マスターとしてヨーダがいるように、鹿島錦保存会にはニシキ・ミストレスとして大先生がいらっしゃいます。なんか恰好いい。でもヨーダと比べると怒られそう。マスターに対してのミストレスという表現も、最近では使わないのかもしれませんね。

 会場は鹿島市のエイブル。展示場所は2F床の間コーナーです。

 4/2~5/19 前期

 5/20~6/30 後期

と、2回に分けて展示品が入れ替えられます。前期は「まな板のごたっと」呼ばわりされることが多い古式ゆかしき板機も展示されるのだとか。面白そう。

【ワークショップ】

 実は落語会の予約のためだけにエイブル会員を続けています。その関係で、自宅に定期的に「エイブルの木」という広報紙が送られてくるのですけど、今回読んでいて驚いたのがワークショップのお知らせでした。エイブル祭りに合わせて開催されるワークショップ4種の中に、なんと鹿島錦が!! 私だけでなく、保存会の人に訊いたらおそらく十割の人が「嘘やん」と答えると思いますが、本当ですよ。本当らしいです。本当に。

 5/16 10時~14時 エイブル3F 生活工房B (鹿島錦教室の開催場所と同じです)

 多分内容は大先生とA先生のナチュラル漫才講座※なんだと思います(嘘。でも個人的にはこれであってほしい)。もしかしたら、簡単に織り方の説明と体験をした後、すでに織りあげたもので、何かを作るのかもしれませんね。詳細が分かり次第補記いたします。

※「一年目でこがん縮んだら十年たったらどがしこ縮むか」「なんばいいよると」的な。

図書館通い

 現在佐賀錦のDVDを借りているのは私です(=゚ω゚)ノ

 明日返却予定。すっかりサブスクリプションに慣れて、CDやDVDのレンタルなんて一切しなくなりましたので、PCで観た次第。

 他にも、紗綾の会の井手久美子さん・美也子さんの「佐賀錦の形」なども借りていますので、後で資料室の更新をしておきます。こちらも明日返却予定。なお、明日は2を借りてきます。

 ノーチェックだった鳥越碧さんの時代小説「衣小夜がたり」も古書を購入。鹿島図書館にはありませんでした。佐賀錦や鍋島更紗など、伝統的な染織品をマテリアルにした短編小説集だそうです。

やってもうた

 もう20年近く愛用しているレンタルサーバーから、覚えがない領収書が届いたので、慌てて確認したら、ツチノココロで使っていたサーバーが、自動更新設定になっておりました。無念。クレジットカードも善しあしですね。また一年間更新しないサーバーを残し続ける羽目になりました。

 せっかくだから、後で陶芸紙関連のページだけ復活させようかな。

 さて、自分の錦ですが、織りが斜めになっているせいで、桝の形が歪んできて、このまま織っても仕立ては無理だなと思いましたので、いったん平織りで整えて、自分の図案を織ることに。なかなかうまく行かないけれど、たくさん悩んで考えた分、絶対後で活きてくると信じ、地道に織り続けます。

 あきらめる気、皆無。

※22日の教室の時に、印鑑入れをお持ちの方は持参してくださいとのことです。鹿島駅での販売用です。

※追加。しおりも、持っている人は出してくださいとのことです。

※さらに追加。し お り は 要 ら な い そうです。

がまぐち作りの準備

 越膳夕香さんの「がまぐちの型紙の本」を図書館で借りて読みました。いろいろな口金が網羅してあって勉強になりました。

 触発されて、口金をいろいろ検索していますが、縫い穴付きの口金、以前は購入対象ではなかったのですけど、考えてみたら、マクラメで作るときに使えそう。穴の部分に紐を通せば、そのまま結べそうじゃないですか?

 ミシンを使ってがまぐちバッグを作るのは、今の私には土台無理ですが、マクラメで作るなら、時間と根気さえあれば何とか。

 こんなことばかりやっているから織りが上達しない……。

地獄めぐりをしています

 書類地獄という名の地獄を。そのせいで今日は教室に参加できず。再来週も行けないので、次は実演の日ですね。ワクチンは5月中旬以降の接種ということで、実演には間に合わなくなりました。さすが地方という感じ。まあ、こちらはそこまで深刻化していないので、さもありなんといえなくもない。

 ちなみに今は、安い絹糸でオーソドックスな桝を織っています。変形させない桝を織るのは基礎織以来。若干縮みはしていますが、まだまだ許容範囲――ということにしておきます。ただ、我ながら相変わらず下手だなあという印象。今年は機会を逃してしまいましたが、来年の4/1には余所様のブログの画像(諸事情あって正確な名前は出せないのですが、鹿島錦 初心者練習〇記とか鹿島錦 〇心者練習日記とか鹿島錦 初心者〇習日記とか)を無断で保存して「こんなに綺麗に織れました」とかやってみたくて仕方ない。

 戯言はさておき、今ぶち当たっているのが、織りが斜めになる現象。なんでしょう、私だけではないらしいのですけど、毎度毎度右肩が上がって、左の方が下がってしまうのです。でもこれは筋力由来ということではなさそう。そもそも非力ですから。多分、骨格のゆがみのせいかな。あるいは椅子の座り方かも。母方祖母からの遺伝で、ちょっと骨格がおかしいんですよね。足は生来のO脚で、膝が付いたことないし。もうちょっと桝を織って、次に平織りを入れて整えた後で、そのあたりを意識しながら織ってみます。

 今から国保連めがけてレセプるよ(=゚ω゚)ノ

うちの父も公務員でした

 でも退職公務員新聞は読んでないんですよね。そのため見つけるのが遅くなりましたが、2021/1/25号に、大先生の記事が掲載されていましたので、保存。大先生、給付金で錦の材料を買われたんですね。偉い偉いと、立場もわきまえず居丈高にほめてつかわす春の午後。是非材料を使いきるまでお元気でいらしてください。

 一点だけ気になるのが、鹿島錦を「佐賀錦」として紹介してあるところ。

 うーん。