事務連絡@5/26までトップに固定

鹿島錦保存会春の作品展は無事に終了いたしました。会期中お立ち寄りくださいました皆様、心よりお礼申し上げます。次の展示は秋の文化祭。こちらもよろしくお願い申し上げます。

※5月の鹿島錦教室は5/26AMのみの開催となります。ご注意を。

※春の作品展の実演の様子が、鹿島ケーブルテレビで放映されます。番組名は「鹿島シティ情報」。5/9と5/10、それぞれ6時・12時・15時・18時・23時の放映だそうです。鹿島市在住の方はぜひ。 ←終了

いくつか目標を立てました

 先日の血液検査の数値が劇的に悪化していたというのもあるのですが、だらだら生きていてはいけないと反省。実現可能な四つの目標を立てました。鹿島錦に関しては「手持ちの本金二反半を出来るだけ早く織りあげる」。他のも織りますので、五年くらいかかるかな。

 四つのうち、最低一つは目標を達成できるまで、しばしの間ブログを休みます。

 おそらく、一番手堅い目標は、八月末くらいまでに達成できると思いますので、だいたいそのあたりで再開予定。目標というか、それに関しては、ノルマですね。まあどちらでもいいです。

※需要があるかどうかは不明ながら、事務連絡だけは更新を続けます。そのついでにちょっとだけ近況報告とかするかも。

さらに延期

 わしはもう心身ともにちかれはてたびー。

 リフォーム工事はまた延期に。なんでもうちの前の仕事に区切りがつけられずに、職人さんが来られないのだとか。仕方ないですね。せっつくわけにもいかず。なんでも、我が家を新築した時に弟子入りしたばかりの方が、四十ン年を経て立派な職人となって再度いらしてくださるという話で、ある種の浪漫を感じているところです。いいですよね、職人の世界って。憧れるだけで自分の錦は全然織っていないのがアレですが。

 まあ、延期になりはしても、片付け作業は続けねばということで、急ぎの仕事を済ませてから帰宅し、外にエコキュートを据える準備。年に数回、台風の時くらいしか行かない家の裏もせっせと片づけ。あいにくそこは散らかし国の大王様の父エリアで、道からは見えないところなのが幸いなのですが、惨憺たる有様。一目見ただけで「ディストピア?」とげんなりしてしまいましたが、「ここに電気炉を設置すればいいかも」という場所を確保。後日浴室まで工事が完了してから移動する予定です。

 実は、金液を焼くと、かなり強烈な化学臭がするため、焼き場所を定められずにいたんですよね。あっちに動かしこっちに動かし。重いのに。家の裏なら、犬も匂いで困ることもないし、そこから一番近いご近所は空家。たまにNYや東京からワールドワイドに管理に見えるだけですので、皆が幸せになれるかもしれない。他のご近所は割と離れております。

 26日の教室は、受診の送迎支援が入らなければ行けます。どうかなあ。お一人退院の方がいらっしゃるのですが、しばらく通院の必要があるんですよね。予定では、糸掛けを外せるくらいまで進めておくつもりでしたが、無理でした。明日は会計事務所で決算の打ち合わせらしい。

 予定は未定って、本当金言。

※洗濯物を干している場所にアシナガバチが巣をかけていたので、本日、蜂用殺虫剤で駆除。益虫なのは知っていますが、以前洗濯物に蜂が紛れ込むということがあったため、しょうことなしに。女王蜂は逃げた模様。余所で幸せな家庭を築いてほしい。君に幸あれ。

一日延期

 リフォーム工事、さらに一日延期。今農繁期その1ですからねえ。しょうことなし。

 今夜はちょっと織れるかな。

※サイドバーのリンクにステキ雑貨店「月光百貨店」を追加しました。親友のお店なのでどうぞよろしく。私が鹿島錦を始める5ヵ月くらい前にオープンしたのかな。オンラインショップではステキ作家さん達の作品が販売されております。

わしはもう疲れた

 このタイトル何度目。

 さすがに住み続けて四十年にもなると、家電から生活雑貨、買ったものいただいたもの、さまざまな品が屋内にこれでもかとあふれており、困り果てるばかり。明日から大工さんたちが見えるため、かなりのものを処分したのに、まだまだ家中不要品だらけ。今回のリフォームは水回りだけなのですが、いずれ別の部屋もしないといけないのかなあ。片づけに追われて錦も織れずしおしおのぱー。桃月庵白酒落語を聴きながら整理をしています。

 片付け絶対したくない族の父も、さすがに他人様が来る前日には焦りまくって片付け――というより、段ボールの中に散らかしたものを詰め込んでは自室に移動を繰り返します。今ちょうどその作業の真っ最中。

 父は、自分の部屋もとんでもなく散らかしているので、何がどこにあるのかわかるのかなあと昔は不思議に思っていましたが、わかっていませんね、確実に。すでに家のどこかにあるのに所在がわからないものを、必要な時にその都度買ってくるので、余計に物がたまるという寸法。ええかげんにせいと。

 祖母や大叔母が元気でいた頃は、文句たらたら散らかる前にせっせと片づけをしていたので、家も庭も割と綺麗だったんですが、もうダメ。もう無理。私も自分のスペース以外は片づけたくない。どうせ来客はないからいいかと、そんな感じです。

 両親が他界して一人になったら、物を捨てまくって、発つ鳥跡を濁さずで死にたい。

 花色木綿の八五郎って、今でいうミニマリストに近いかも。白酒師匠のはAmazon Musicにもありますよ。

月末までにケリがつくかな

 そんな風に考えていた時期もありました。なかったことにしてください。織れん。明日からリフォーム開始ということで、お片付け、最後の追い込み中です。

 うちにも片付けトントン来てほしい。非公開になる前に、片付け動画は全部保存しました。でもすでに削除されていた片づけないトントンとかは保存できんかったよ。一口にゴミ屋敷といっても、セルフネグレクトからだったり、外界から自分を隔絶するためのシェルターをこさえていたり、その背景や原因はさまざま。周囲の環境への影響や、衛生的な問題から早急に対処しないといけないのは確かなんですが、そのあたりを考慮せず、カウンセリングなしで強制的に片づけると、精神症状が悪化したりしますよ、きっと。