炊飯器で煮ても美味しいんですけどね

 今すぐイモを焼けと言わんばかりのページに遭遇。

 昔ガッテンで紹介されていたこともあり、今まで炊飯器でばかり火を通してきたんですが、調べてみたらちょっと作り方が間違っていた模様。焼き芋とはまた食感が違うのですよ。しっとりして、そのままきんとんに出来そうな感じで。

 次回は水の量を減らしてやってみよう。

 玄米モードだとねっとりするらしいです。

 錦の合間の腹ごしらえにいかがかと。

不要図書もろたよ

 文化祭最終日に間違えて図書館内に入った時は「いえ、こんな大きなエコバッグを抱えてはおりますが、決して日付を間違えて不要図書をもらいに来たわけではないですよ」と平常心を装いました。今回は「いえ、こんな大きなエコバッグを抱えてはおりますが、不要図書目当てで来館したわけではなくて、たまたま不要図書配布会が開催されていただけですよ」とそんな空気を醸し出しながら、本を選んでまいりました。

 前回は大英博物館の図録セットが配布されていましたが、今回は日本陶磁器大全的なシリーズが鎮座ましましておられた次第。喉から手が出るほど欲しかったですけど、鹿島市民の税金が原資だし、重くてかさばるため断念。

 今回の戦利品は

・中世の非人と遊女
・おばあちゃんの原宿 巣鴨とげぬき地蔵の考現学
・なにわ職もよう
・風船おじさんの調律
・関東霊山紀行
・訪ねてみたい地図測量史跡
・秋好事件

 篤姫の小説があったので、大河ドラマの篤姫にはまった母のためにもらって帰ろうかと思いましたけど、二冊あったのにいずれも上巻。絶対誰かが間違えて下巻を二冊持ち帰ってるはず。残念。

 どれも興味深いですが、「風船おじさんの調律」はずっと読んでみたかったので、入手出来てラッキー。